デンキチの木片小魚物語3

Sprout Lures の製作記録と喜怒哀楽日記

まじめな話

【22’ 魚+鬼の宿題 #05】木片イトヨ 塗装から開眼へ!

「静かなひと時」を過ごせる喜びよ……。 それがたとえ僅かな時間であるにせよ、何ら大きな心配事もなく、身の危険を感じることもなく、目の前の作業に集中できる幸せよ……。 怨嗟の炎が立ち昇る戦地を逃げ惑う人々のことが脳裏に浮かんだ刹那、J.S.Bachの「主…

【22’サクラマス Preparation #12】貼って 貼って 貼りまくる!

年が明けて随分と日が経ちましたね…。 相も変わらず、コロナ過という悪条件が継続している中、ロケットを打ち上げて喜んでいる国もあれば、隣国に詰め寄って威嚇している国々もあると…。 更には、平和の祭典に一番似つかわしくない国で、平和の祭典が開催さ…

吉田川の今昔物語【令和元年 東日本台風の水害に寄せて】

去る 10月27日 夕刻 。 久しぶりに一級河川 吉田川の流れに目を向けることができました。 まぁ、月に数度は吉岡(大和町吉岡:吉田川流域に広がる平野部に位置する町)界隈へ仕事に出向いていますからね…。 その都度、この川を突っ切っていることを考えれば…

【九月の釣り/R3:転なき結の巻】考えさせられた道場での釣り

去る9月30日、そそくさと最終釣行を済ませてきました。 ホームリバーで遡上鱒の姿を追った6月14日を最後に釣りをしていなかった私。実に3カ月以上も間を空けてしまったことになります(汗笑)。 そんな具合ですから、禁漁間際に及んで過分な期待なんぞを胸に…

【六月の釣り/R3:承の巻】満足と欲求と倫理の狭間で

熱海市で発生した土砂災害…。 災害列島 日本 という現実を改めて痛感しております。 此度の土砂災害に因る被害を拡大させた要因が、まとまった降雨や地勢・地質の類にのみ起因しているわけではないという指摘が各方面から聞こえてきました。 悲しいかな…複合…

俺は新宿のインド料理店のカレーをデリバリーした覚えはない!

昨今なれば「ありがちな話」という事もあり、急遽キーボードを叩く事にした次第ですので、お時間のある方はお付き合いくださいませ(低頭)。 昨日の事、楽天の信販会社から封書が届きました。 5月17日付けの書面に記されていた事を要約すると… 貴方のカード…

【釣行速報#04/R3】横浮きミノーを投げ倒す!& 水辺は皆の場所

性懲りもなく、本日(14日)もランチタイム・フィッシングに興じて参りました。 過日の釣行時よりも条件が整っているような気がしたのですが、こういう時は「水辺に集う人々」にとっても好条件なんですよね(笑)。 私が到着した段階で、嫌な濁り方をしてい…

「これまで」の御礼 と「今後」のお知らせ

お昼前の一時に、そそくさと綴らせて頂きます。 先頃、東日本大震災から10年を経て、念願かなって追波川の岸辺に立ち、そして良型のサクラマスとの再会を果たすことができました。 この稀有な出来事以降、身に余りある充実感と達成感をひしひしと味わう中で…

鹿の角が来た!& 昭和の日に我思う

新たなる手仕事の材料が届けられたという話をば(喜)。 これはなかなかどうして手強いですぞぉ~。 鹿の角が来た! 「昭和の日」に我思う

節目の一日を終えて

去る3月26日の話になります。 南三陸町で行う最後の被災地支援業務となったこの日は、思いがけない出来事も重なり、それは忘れ難い節目の一日となりました。 1:活動の拠点 法テラス南三陸 2:山の上の役場 南三陸町本庁舎 3:南三陸町沿岸の様子 3:お…

ウロコ貼りとウロコ吹き【対陸封櫻用横浮木片小魚Ballesta】& お礼参りと懸念

さぁ~年怒末も極まってきましたよぉ…。 何でも、花粉だけでなく黄砂も大量に飛散しているとか…。 かのモンゴルでは、強烈な砂嵐でゲルが飛ばされ、死者・不明者が多数でているとのこと。 彼の国でも「過去10年で最悪の砂嵐」と報道されていることを鑑みれば…

祈りのカタチ

東日本大震災から10年という月日が流れようとしています。 きっと、多くの人々が「あの日の出来事」に思いを馳せていることでしょう。 今日は、「これからの10年」を歩みだす節目として、これまでの感謝とこれからの姿勢といった事柄を綴っていこうと思いま…