デンキチの木片小魚物語3

Sprout Lures の製作記録と喜怒哀楽日記

秋田より釣果報告22’ #01〜04【5月:溪の宝石たち そして 秋田の自然】

 秋田から待望の溪便り」が届きました!

 送って下さったのは、御馴染みリバーモンキーズはじめさんです。釣行の詳細は、彼のブログイチゴイチエ ノ サカナタチをご覧くださいね。

 残雪から新緑へと、短期間で目まぐるしく変化していく秋田の自然に目を奪われます。そんな自然の移ろいを感じさせてくれる写真に感服する次第。

 それでは早速、リバーモンキーズのお二人が紡いだ「5月の釣り物語」を覗いて参りましょう!

  • 1:5月14日の釣行
  • 2:5月21日の釣行
  • 3:5月29日の釣行
  • 4:5月31日の釣行
  • 御礼と雑感
続きを読む

【釣行速報#07/R4】心に沁みた最終釣行 と 酩酊を破るトラブル

 去る5月30日追波川へ行って参りました。と云っても、数日遅れの報告ですから「速報に非ず」の感は否めませんね(苦笑)。

 ※理由は本項の後半にて

 現着午後16時と遅くなりましたが、22’シーズン最終釣行と見定めてのことだったので、無理を押して馳せ参じたと云うわけです(微笑)。

  • 22’シーズン最後の釣行 
  • 帰路の途上で起きたトラブル
  • さてと 今後は?
続きを読む

「釣り無し」の週は?

 それは静かな1週間でした(微笑)。

 サクラマスという ソワソワ & ドキドキ の対象に心焦がす日々も悪くはありませんがあ、たまにはクールダウンも必要でしょう。

 まぁ、ガソリン高騰っぷりも酷いですしねぇ。同じ道楽(私の場合「道落」とも云う)を嗜むなら物理的移動を伴わない方を選択する方が賢明かと…。

 とかなんとか常識人めいたことを綴っていますが、何のことはない…今週は「追波川プチ遠征」が出来ない状況にあっただけなんですけどね(苦笑)。

 ってなわけで、此度は木彫メインの備忘録を綴らせて頂きましょう。お時間の許す方は、どうぞお付き合いください。

  • 硬い材料を相手に 
  • 私的読書史:5月

 

続きを読む

【釣行速報#06/R4】これもまたサクラマスが与えてくれた時間

 本日「悪あがき釣行 第2弾」を敢行。

 現着16時から2時間程の釣りでしたが、野鳥の声選挙カーの雄叫び石巻市議会議員選挙戦中!)を背に受けながら、サクラマスの姿を追いかけておりました。

 今日は真夏日でしたねぇ。日没までに2回だったかな…通り雨が降ってきたので、お魚さん達の活性UPを期待しましたが…何も起こらず

 それでも、数日前の釣行時には確認できなかった小さな変化もありました。

 恐らく稚鮎だと思うのですが、護岸の際でキラキラと輝いていましたよ。こんなところからも季節の移り変わりを感じました。

 どんどん分が悪くなってきますが、これもサクラマスが与えてくれている時間だと思って、じっくりと堪能していこうと思います(微笑)。

 

【釣行速報#05/R4】野池の様な追波川で桜を探す

 本日5月16日 現着 午後15時30分 より開始となった「悪あがきシーズン」の第一弾。

 県南から悪天模様が迫ってくる中、ここ追波川長閑そのもの。風一つ吹かず……波一つ立たず……。それは正に「野池状態」でした(苦笑)。

 釣行開始から30分後に、止水的釣りに変えた途端、我が豪竿には似つかわしいサイズのチーバス君(35㎝余)がヒット。

 その15分後にも、先程よりもサイズアップしたチーバス君が掛かりましたが、ピックアップ前にリリースさせました。

 とまれ、しがないロートル釣り師の溜飲を下げさせてくれたのは、自作のスイミングジグ Trnillo(トルニーリョ:下リンク参照)で掛けたことでしょうか(微笑)。

 今日も(私が釣り座に立っている間)、入れ代わり立ち代わりで5名(私含む)前後の釣り人がサクラマスを狙って水辺を訪れていました。

 皆さんと満遍なく言葉を交わせて楽しかったです(笑)。

 中には、東京から来られた方もいらっしゃいましたね。

 折角の遠征にもかかわらず、状況が芳しくなかったので残念でしたが、サクラマス釣りを楽しまれている様子が伺われたので安堵しておりました。

 田植えも始まりましたしね(濁り傾向)。大潮という割には水の動きもなかったし、これもまた「5月を過ぎた追波川がみせる表情」の一つだと言えるでしょう。

 追波川復帰2年目にして「追波川の釣れない感」に馴染んできました。これもまた自身の釣り再び動き出した証のひとつとして捉えています(微笑)。

 

【釣行速報#04/R4】藤の花が咲く季節に桜を探す

 真昼間に追波川へ行ってきました。

 前回の釣行(4月21日)から凡そ20日振りですね…。もはや、淡い紫色の花が山肌を彩る季節になってしまいました。

 従前なれば、とっくに旧北転戦しているタイミングですが、追波川サクラマスをあげていない以上、ここは悪あがきの為所だと。

 年甲斐もなく執着しとります、ハイ(笑)。

 今日はケツが決まっていたので(仙台へ17時迄に帰還)、昼過ぎから15時までの変則マッチでしたが、結果は言わずもがな。

 でも、楽しかったなぁ(しみじみ)。

 陽光を浴びながら、そよ風を受けながら、自ら作ったルアーを投げては巻くの繰り返し……だけなのですが、十二分にカタルシスを得ました(微笑)。

 因みに、水辺は貸し切り状態。

 目に見える範囲で5名(私含め)だったかな。下流の先客に「上に入らせてもらいますね!」と声を掛けたら「どこかから移動してきたの?」と。

 私がそうではないことを伝えると、彼は「朝から橋の上流側でやってたんだけど、そん時はサクラが跳ねてたんだよ。でも、釣れなかったんだけどさ。」と、悔しさを滲ませながらも快活に話してくれました。

 未だにサクラマス執心するの釣り人が絶えない追波川。お世辞にも絶好調とは云えなかったシーズンならではの光景かもしれません。 

 かく云う私も、追波川復活釣行2年目のジンクスだと観念して、もう暫く通ってみようと考えています(自爆必至)。

 

 追伸

 本稿を書き終えるや否や、4月の釣行総括記事失念していたことに気付きました。当人、自覚症状はなかったものの、がっつり連休ボケしていたようです。

 かような有様を鑑みつつ、今年は釣行の内容が内容(無いよう)なので、全釣行をまとめて総括した方が良いかも…なんて考えています。

 

私の GW は 鍛冶仕事 時々 親父業【GW後半の記】

 例年通り、正整粛々とした日々を過ごしたGW

 諸々の…と云うか、一点集中で物事が進捗したように思います。

 偶さかだったのは、GW中もお仕事に奔走していたかみさん唯一の休日(5月5日)に「何もないなら行ってみるか?」みたいなノリで、長男が暮らす岩手県盛岡市「日帰りのテコ入れ」を咬ましに向かったことでしょうか。

 まぁ〜 たまには「親父業」もやらないと(汗)。

 当然の事ながら、市内のは終了。加えて、名峰・岩手山も霞かかって鮮明に見えませんでした。それでも、菜の花(上写真は菜の花に非ず)やツツジなどが咲き誇り、水が入った田んぼが眩しく輝いていました。

 東北地方「一年の中で一番穏やかな時」を迎えたと実感できましたね。

  • 鋼を刃物へ
    • 1:刃物への第一歩
    • 2:刃先の成形!
    • 3:焼き入れと焼き戻し!
    • 4:研ぐ!
    • 5:柄を削る!

 

続きを読む