デンキチの木片小魚物語3

Sprout Lures の製作記録と喜怒哀楽日記

北海道より釣果報告21’ #02【イトウ 執念の末に!】

 昨日11月29日の早朝…。

 現場で基礎の配筋検査をしていると、LINE通知音が鳴りました。

 私はね…何となく察してましたよぉ…。

 北海道ゆきひろさんからの通知じゃないかって(笑)。

f:id:SL-denkichi:20211129173451j:plain

 何しろ、去る11月24日屈斜路湖での釣果報告)のLINEで交わした最後の一文から、ゆきひろさん気合が滲み出てましたからね(微笑)。

 なお、ゆきひろさんのブログも合わせてご覧ください。

 さあ、早速リポートへ参りましょうか。

 此度は、ゆきひろさんライブ感あるLINEのテキストを交えながら、デンキチ小父呟きを挟ませて頂こうと思います。

 お時間のある方は、ごゆるりと御一読賜れれば幸いです。

  • イトウ 執念の末に!
    • 1:荒天の間隙を縫って…
    • 2:夕刻まで粘って…
  • 御礼と雑感

 

続きを読む

北海道より釣果報告21’ #01【屈斜路湖に踊る深紅のチップ!】

 時は11月24日夕刻

 眉間に皺をよせてい図面と睨めっこしていた私の元に、此度の吉報を届けてくれたのは、北海道SLFAメンバーゆきひろさんです。

 私にとっては触れる事が少ない現地の情報と共に、美しいヒメマス当地の信仰を伝えてくれるレポートを送ってくださいました。

f:id:SL-denkichi:20211125075403j:plain

 釣行の詳細は、ゆきひろさんのブログも合わせてどうぞ! 

  • 屈斜路湖に踊る深紅のチップ!
  • 御礼と雑感
  • おまけ:Tornillo の過去記事集

 

続きを読む

【22’サクラマス Preparation #05】手探りのリップ装着

 「遅れてきたスポーツの秋」を感じる今日この頃。

 何しろ昨年が昨年でしたからね…。

 野球ではクライマックス・シリーズが始まりましたし、終盤を迎えたJリーグも昇格・降格をかけた熾烈な戦いが続いています。更には、総合格闘技MMA)の大会・企画も、最近はたて続けに開催されていますよね(喜笑)。

 特に格闘技系スポーツは、これから年末にかけて楽しみが増えますから、不肖デンキチ小父も、日々の仕事を頑張れそうな気がしています(笑)。

f:id:SL-denkichi:20211120182922j:plain

 ちょっと話の毛色が変わりますが…。

 昨今は、ここ日本でもペイ・パー・ビュー浸透してきましたね。

 ことに、前出の様なライブ・イベント(スポーツや音楽等)においては、コロナ渦の影響を軽減させる効果的な方策となったと思われます。

 アメリの様にケーブルTV等のメディアが発展してこなかった島国日本だからこそ、ペイ・パー・ビューがもたらす影響は小さくないと思われます。

 人口減少超高齢化の一途を辿る日本にあって、マーケットが先細りしていくという事実を鑑みれば、こうした方式がより一般的(先達のアメリカ並みに)なれば、様々な分野に刺激を与えることは容易に想像できます。

 がしかし、弊害も少なくはなさそうですね…。

 違法アップロードの問題もありますが、中長期的に見ればメリットよりもデメリットの方が大きい(視聴者の固着化・限定化が進むと視聴者の課金だけでは運営が困難になり、シーン自体が減退する。)と指摘する声も小さくありません。

 何事にも一長一短ってのがあるのですね(苦笑)。

 色々な意味で、光と影を感じております。 

 とまぁ、毎度の如く前置きが長くなりましたが…。

 此度は、ミノー製作における核心部の作業風景を綴って参りたいと思います。お時間の許す方はどうぞご一読下さいませ(低頭)。

  • 手探りのリップ装着
    • 1:渓流用ミノー Trouper
    • 2:サクラマス用ミノー 如意櫻 

 

続きを読む

【禁漁期のメンテナンス #02/R3:修繕の巻】切った 貼った 縫った!

 「さぁ〜冬が来るぞ!」

 と思いきや、11月中旬にしては暖かいような気も。

 未だにアンダータイツを着用していないくらいですからね(恥笑)。体も正直に反応しているということなのでしょう。

 とは言え、12月頭には高い確率酷い降雪に見舞われるという当地のお約束を侮るわけにもいきませんので、心構えだけはしておいた方が良さそうです。

 とりあえず「備えあれば憂いなし」ですね(微笑)。

f:id:SL-denkichi:20211116174459j:plain

 話変わって、此度の記事についてですが…。ようやっと足回りのメンテナンスが終了したので、そそくさとまとめてみました。

 こうした泥臭いメンテナンスは、文責を有する資料原理原則(マストなルールやその筋の常識)も何もあったものではありません。

 自分の経験感覚を活用しつつ、費用対効果を鑑みながらの対処療法となりますので、それは正に創意工夫の独壇場です(笑)。

 と云うことで、興味を持って一読された稀有で酔狂で賢明な方々にとって、何某かの参考にならんことを祈るばかりのデンキチ小父です(低頭)。

  • 切った 貼った 縫った!
    • 1:ランドの浮き剥がれを修繕
    • 2:トゥとミッド・ソールの剥離を修繕
      • A・余談/フェルトの張替えについて
    • 3:ベロの解れを修繕
      • A・どのように直すのか?
      • B・戦闘開始! 
      • C・次は裁縫だ!
    • 4:来シーズンもヨロシク!

 

続きを読む

【22’サクラマス Preparation #04】仕上げに向けてラストスパート!

 いよいよ、師走の気配が漂ってきました。

 振り返るには未だ早いのですが、昨春以降の混沌とした時間を思う時、2021年公私に渡る様々な出来事が、とても稀有であったと実感するのです。

f:id:SL-denkichi:20211110182425j:plain

 今年は予想以上に慌ただしい時を過ごしました。

 それが故に、自身のスケジュールや希望・期待が消失してしまったことも少なくはなかったのですが、そうした場面に際しても悲観的にはならなかったし、ストレスを溜めることもありませんでした。

 むしろ「有り難いなぁ…。」と感じることが多かったと。その時々の流れに身を任せるのも悪くないですね(しみじみ)。

 人間、

 かの Led Zeppelin も歌ってますよ…。

 Good Times , Bad Times と(微笑)。

 と云うわけで、此度は日々の所感と、終盤を迎えたサクラマス用ミノー如意櫻(にょいざくら:MD化)の製作模様を綴って参りましょう。

 お時間の許す方はご一読下さいませ。

  • とある力士の繊細な趣味
  • 仕上げに向けてラストスパート!
    • 1:まずは鱗の塗装から
    • 2:塗装の合間にアイの準備
    • 3:いつの間にか塗装終了
    • 4:神妙な開眼式

 

続きを読む

吉田川の今昔物語【令和元年 東日本台風の水害に寄せて】

 去る 10月27日 夕刻

 久しぶりに一級河川 吉田川の流れに目を向けることができました。

f:id:SL-denkichi:20211106172120j:plain

 まぁ、月に数度は吉岡大和町吉岡:吉田川流域に広がる平野部に位置する町)界隈へ仕事に出向いていますからね…。

 その都度、この川を突っ切っていることを考えれば、「久しぶり」という表現は相応しくないかもしれません(苦笑)。

 さわさりながら、2019年10月に強襲した台風19号がもたらした豪雨よって決壊・越水した吉田川では、今でも河川改修工事が続いていおりまして…。

 要は、釣り人の目には優しくない状態だと…(愁傷)。

 そんな折に、吉田川川上方面(さほど上流域ではないが)で検査業務があったのを幸いに、令和の吉田川を眺める時間を持つことができました。

 此度は、思い出話あり、民俗学テイストの話あり、自然災害についての話あり、カメラの話あり、といった具合の種々雑多な内容になっております(笑)。

 秋の夜長にお時間の許す方はご一読下さいませ。

  • 吉田川の今昔物語
    • 1:吉田川の概要 
    • 2:私的な吉田川の印象
    • 3:鳴瀬川水系の思い出と期待
    • 4:吉田川 氾濫の過去と背景
    • 5:「まないた橋」の謎
    • 6:台風19号の被害
    • 7:喉元過ぎれば〜にならないために
    • 8:私たちは試されている
  • 余話(写真の話)
    • 1:HDRモードで撮影してみたものの…
    • 2:鱒を写す

 

続きを読む

ウロコ からの ペイントアイ【渓流用ミノー/Trouper】

 備忘すべき作業録が溜まってきました。

 もう早、師走の気配すら感じさせる11月に入ったというのに、10月初旬以降の製作記録には「穴」ばかりが目立ちます(汗)。

f:id:SL-denkichi:20211102180639j:plain

 まぁ、どんな人間であれ、己の興味に従がって考えを巡らし、そして手を動かせば感情に何某かの動き変化が生じるというもの……。

 その時々で、胸中に沸き上がった感情の断片忘却の彼方へ飛び去ってしまう前に、そそくさと文字変換しておこうと思います(微笑)。

 という事で、去る10月9日以降の作業風景反芻していきましょうか。此度の主役は、渓流ミノー/Trouper(トルーパー)です。

 お時間の許す方はどうかお付き合い下さいませ。

  • ウロコ からの ペイントアイ
    • 1:ウロコ塗装の一里塚
    • 2:久しぶりのペイントアイ
    • 3:先達への想い

 

続きを読む