デンキチの木片小魚物語3

Sprout Lures の製作記録と喜怒哀楽日記

渓魚用ミノー

21’ Winter Collection【掌の中で育まれた木片小魚たち+親子コラボ作品】

あっという間に「年の瀬」の声が聞こえてきましたね。 かように心忙しいタイミングではありますが、数年来から恒例となっている私的コレクションをアップできる仕儀とあいなりました(安堵)。 しかし何ですなぁ…。よくよく考えてみれば、今年は「秋コレ」を…

【22’サクラマス Preparation #05】手探りのリップ装着

「遅れてきたスポーツの秋」を感じる今日この頃。 何しろ昨年が昨年でしたからね…。 野球ではクライマックス・シリーズが始まりましたし、終盤を迎えたJリーグも昇格・降格をかけた熾烈な戦いが続いています。更には、総合格闘技(MMA)の大会・企画も、最近…

ウロコ からの ペイントアイ【渓流用ミノー/Trouper】

備忘すべき作業録が溜まってきました。 もう早、師走の気配すら感じさせる11月に入ったというのに、10月初旬以降の製作記録には「穴」ばかりが目立ちます(汗)。 まぁ、どんな人間であれ、己の興味に従がって考えを巡らし、そして手を動かせば、感情に何某…

秋田より釣果報告21’ #09〜10【9月後編:暮れゆく秋田の自然に乾杯!】

禁漁期になって暫く経ちました。 然らば、釣り人が闊歩した水辺も本来の静けさを取り戻すことでしょう…と思ったら、東北地方には芋煮会という慣習がありましたっけ…。 さすれば、今暫くは喧騒の時が続くと思われます(汗)。 いみじくも「河は眠らない」と開…

秋田より釣果報告21’ #07〜08【9月前編:秋色をまとうヤマメたち】

この秋、異常なまでに活性を高めている生物は、血気盛んな政治家たちと政局を楽しむ政治評論家の類(マスゴミ含む)だけなのでしょうか…。 歪な生物多様性が目の前で展開しております(苦笑)。 ともあれ、禁漁を迎えた川もチラホラでてきた様子。されど、私…

秋田より釣果報告21’ #06【八月はヤマメ三昧!】

ここ宮城県も、9月某日まで緊急事態宣言が発令と…。 予想通りというか、予定通りというか…(苦笑)。 この「何をかいわんや」の状況に際して、煮えくりかえるような怒りを感じながら仕事に励む毎日を過ごしておりましたよ(トホホ)。 この憤懣やるかたない…

秋田より釣果報告21’ #05【6月後編:「よんじゅう いわな」の興奮と酩酊】

さぁ、オオトリの登場 です! 6月中旬を迎えようとする秋田の溪で、手練れ釣り師たちの溜飲を下げさせてくれたイワナは、40㎝を越える体躯と立派な尾鰭を誇る個体でした。 このレポートを送って下さったのでは、もはやお馴染みとなった秋田のリバーモンキー…

秋田より釣果報告21’ #03~04【6月前編:渓流釣りの愉しみと難しさ】

春先の予報では、早目に梅雨入りして遅く梅雨明けする…即ち、梅雨の期間が長くなると聞き及んでいたはずですが、いざ蓋を開けてみればさに非ず。 例年と比較して、入梅が1週間以上遅くなるといった具合。(これに連動して、梅雨明けが更にズレ込むとなれば……

秋田より釣果報告21’ #02【五月の溪は 岩魚で鯉のぼり!?】

秋田から心地良い涼風が届きました。 送り主は、秋田のリバーモンキーズ はじめさん。 ご両人が活写する溪の緑と潤いが同居した素晴らしい写真や趣あるレポートを見る度に思うのは、釣りというパーソナルな愉しみが、当事者ではない人間の心にまで癒しを与え…

秋田より釣果報告 21’ #01【春溪の芽吹き】

待望のレポートが届きました。 釣行の舞台は、仙台から北西へ250km余り離れた秋田の溪。 雪解けの水が温むには未だ早い秋田の溪に訪れた「春溪の芽吹き」を伝えてくれたのは、秋田のリバーモンキーズ はじめさん & 相棒さん です。 レポートに添付されてきた…